リーダー(仮)。 生田衣梨奈

5月14日in岡山公演
中止が決まりました。

公演が中止になったことよりも、苦しくなったのは現場での誹謗中傷とまでは言わないけれど、自分本位な考えをメンバー、スタッフにぶつける人がいた事です。

だけれど、生田さんすごく毅然としていました。
立派にリーダー(仮)。を、務めていた。
泣いてるメンバーを励ましたり出来る優しさを持っていて、なんだか苦しくなった。見ているだけの自分が歯痒かった。

モーニング娘。’17はこの13人だもん

生田さんのブログが更新されて、最後にこの言葉があって涙腺崩壊しました。
確かに生田さんの、リーダー(仮)を見に来たかもしれないけれど、ウチはモーニング娘。のパフォーマンスを見たいと、遠征してまでも見たいと思っていたからこそ、ここにいることを思い出しました。

岡山振替公演待ちます。
そして、13人のパフォーマンスを見届けたいと思います。

工藤遥さんの卒業

今日、4月29日京都ロームシアター公演の、昼公演は忘れられない公演になりそうです。
モーニング娘。 10期メンバー工藤遥さんの卒業発表がありました。
譜久村さんの大切なお知らせの前振りから、先週の大阪公演は武道館追加公演の話だったけれど、本当は工藤さんの発表だったのかもしれないなと、なんとなく今日の公演で思いました。

急で、予期しないメンバーだったから、…………違うな、今のモーニング娘。が好きだから衝撃が大きかった。
涙腺こんなに弱かったかなと、思うくらい涙が止まらなかったんですけど、私メンバーの口から聞く卒業発表が初めてなんだと思いました。
吉澤さんの卒業発表は、吉澤さんが、何回か繰り返し発表した何回目かを見たんです。
落ち着いた発表だったし、吉澤さんは後輩を何回か送り出したあとのやりきったタイミングでもあったから、なんか落ち着いていたのもあって今日の発表と比べるものではないけれどいくらか心の準備があった分、聞けたんだなと。

工藤遥さんの卒業発表は、本当に予期しない展開で、ブラボーがこんな悲しくなるなんて思わなかった。
でも、悲しいままで終わったらいけないんだよな。きっと。
自分の推しのことを考えると、正直推し量れない話だし、会場の啜り泣きとか今は鮮明なままで胸が苦しくなるけれど、笑って見送りたいなぁ。

たぶん、生田さんはそうするだろうから。

福岡公演の話

2017年モーニング娘。'17コンサートツアー春「THE INSPIRATION」
4月2日福岡公演の感想になります。とっても端折ってますので、悪しからず。

MY VISIONの名残が私的にはある中で気づけば始まってしまったTHE INSPIRATION(以下:インスピ)の公演なのですが、広島と金沢を除いていまのところすべて参戦しているのですが、その中でも生田さん凱旋の福岡公演の話をしたいなと思います。

その前にダブルアンコール(以下:ダブアン)が今回の公演もないということをちょっとお話したいと思います。(といっても僅かですけど)

このtweetに正直、タグを付ければ良かったなぁと思いました。
何かが変わったかもしれないし、変わらなかったかもしれないけれど、やらないよりはやった方がよかったのだろうなと思っています。
生田さんの凱旋で願わくば僅かでもダブアンがあることを期待していたんです。
20歳になる前の当日ではないし3か月も先の話ではあるけれど、十代最後の凱旋ってやっぱり貴重と言うか。私が生田さん推しだからと言うのもあるんですけれど、モーニング娘。と同じ歳の唯一のメンバーってもっと胸張ってもいいくらいだと思うんです。
福岡公演でもしかしたら、その話を聞けるかなって思ったんですけれど、それは次次公演の長野でした。

モーニング娘。は今年で20周年!えりはモーニング娘。と『タメ』なんです。唯一のタメです。これをネタにしてテレビとかで扱ってくれたら嬉しいです。モーニング娘。は20年目、生田衣梨奈も20年目、あ、芸歴は7年目です。」

これを聞けたときはうるっと来たんですけど、どうしても福岡でその話が聞きたかったと言う気持ちが強くて仕方がなかったです。
でも思うと長野公演はすっごい聞きたかったことをさらっと言ってくれた公演でもあって最初は行く予定がなかったんですけど、行けてよかったなと思います。

よし、福岡公演の話に戻ります。
モーニング娘。ライブの生田さんは自由度が高めだなと思うことはちょこちょこ合ったんですけれど、今回の福岡公演はそれが爆発していた感が半端なくてもう本当に楽しくて楽しくて仕方なかったです。
生田さんって笑うとすごいくしゃって幼い表情になるんです。満面の子供の顔と言うか、子供。
本当に屈託のない顔で楽しんでると言うのが溢れていてきらきらして、どこかふわふわもしていて。
メンバーもそれにつられていたりして、譜久村さんは慈愛の表情に満ちた顔で生田さん見ているし、虎視眈々と“ちゅー”を狙っていたりとか、飯窪さんが生田さんいじりに走ったりとか、佐藤さんが昼夜両方とも生田さんの地元!と繰り返してくれたことが幸せで、いろんな愛に溢れていたなと思います。
でも、凱旋感はとても少なかったかな。MY Visionのときよりは要所要所に出ていたかもですけど、地方によってのイベントごとを減らして、ライブの時間だったり盛り上がりだったりを平坦化したいのかな?
とか、なんかいろいろ考えちゃいました。

福岡のライブ、生田さんすんごいいっぱい目をきょろきょろさせて会場全体を見ようとしてくれていたのすっごく嬉しかったな。
佐藤さんが福岡でしか見れない生田さんの姿があると断言していたけれど、それは本当だなと思います。いつも睨むようにレスくれるんですけど、その日はすんごい笑顔でもう本当に多幸感しかなくて、その幸せを貰っているのに、なんで泣いてんだろうってなったり。
「衣梨奈ーっ」とか「えりぽーんっ」とか出した声がなんかすっごい全部届いた感が強くて幸せでした。

生田さんが夜公演の最後に舞台に残ってやった「がんばって生田ー」は本当に一体感溢れていたし、生田さん考案のモーニングコーヒーの「右左」「ちょきちょきちょき」コールは本当に福岡公演きりだった気がするけれど、あのときに出来たのが何よりの宝物に今なっています。
でも、これもダブアンと同じくあきらめずにやっていこうかなとも思っています。

はい、本当に感想だけでレポは何一つないけれど、楽しくオタクやっています。
次は、大阪公演だー。

北海道遠征の話。

12月9日悪天候の中、私の乗っていたANA機は無事に北の大地北海道に着陸しました。
そのときは、無事に着いたし天候も好転するんだろうと楽天的に考えていて、それが長い旅行になるとは思っていなかったので、記録的な意味でざっくりと綴ろうと思います。

9日 札幌
無事に着いたので、さして構えずに観光を楽しもうと思って、らーめんをとりあえず食べようとJRで札幌まで出たあとは地下鉄東豊線を使って美園まで出ました。
目的は「麺屋彩未」さんの味噌らーめん。
札幌は味噌らーめんのイメージが強くて、どうしても食べたかったので、地元のお友達に事前リサーチしていてよかったな〜と思いました。
美園駅を降りると目印にするつもりのものが雪で見えずさ迷うかと思いましたが、なんとか到着。しかし、並ぶ場所が分からない(笑)
人気店みたいで、交通整理のガードマンに聞くと今日はまだ混んでないから中で並んでるよと教えてもらい中へ入ると壁一面サインが並んでいて、ついモーニング娘。ないかなと探してしまいました。(無かった)
寒さの中での温かいものってそれだけで正義だなぁ。
とても美味しかったです。

そのあと、はじめましてをするお友達と合流して、ケーキをご馳走になり夕方までお話をしてからホテルへ。
北24条にある某ホテルはとてもお風呂が広くて幸せでした。
夜19時を回ってから大通駅まで出て時計台を見て赤レンガ庁舎を見て、イルミネーションを楽しみ、また別のお友達と合流してお話して解散すると、ちょっと1杯引っかけて北海道を満喫。子持ち昆布とか渋めの海産物がやたらと美味しかった。
ホテルに帰着すると、お風呂をためながら、早く入って寝ようと思ったのですが明日のライブが楽しみ過ぎてなんか結局寝たのは2時くらいだった気がします。
それが前ノリ初日の話です。

10日
朝7時には目が覚めて、ホテルで朝食をとっていると外は吹雪でした。
目に見えて大きな塊が空から隙間なく降り始めて1回目の不安が出始めたのはご飯をとにかく胃に流し込んだあとです。部屋に戻って天気予報と睨め合いでも、なんの情報も入って来なくてとにかく現場に行こうと思いました。
北24条から大通まで出て、東西線に乗換のルートで、最寄りに着くと雪はもっと酷くなっていた。
信号機の明かりは見えるけれど、自分がどっちを向いているのか分からなかった。標識は見えなくて、そんな中を颯爽と歩く方に声を掛けました。
ああ、ニトリ!こっちだよと教えていただき途中まで引率もして下さって雪の寒さよりも温かいものをいただきました。
そうして、辿り着いたニトリは既に80人くらいの人だかりと、道路を削る勢いで除雪機が動いていました。
並ぶのは外だけれど、屋根のあるところで、端では無かったので人壁で風も凌げるし、何よりもグッズの販売がされることで、そのときはなんの不安も覚えなかった。
45分くらい並んで順調に日替りを買うと一度会場を離れました。一回ホテルに帰って、足湯をして万全な体調でライブだ!と高揚感があるくらいで、いま、思えば少しテンションも高くてすっごいドキドキしていました。
その気持ちが少しずつ萎んでいったのはホテルでTwitterを眺めていたときでした。
こっちに向かっているフォロワーさんが欠航や引き返しで、千歳にすら着かない状況を見たときです。そのとき「メンバーの乗っている飛行機も引き返し!」みたいなツイートを見ると何も出来ないのにただただ慌てました。
実際、そのツイート通りにメンバーは到着出来ず、公演も中止になってしまったのだけれど、自分の目で貼り紙見るまで本当に信じられなかった。
見たときは口をぎゅっと噛むことしか出来なかったですけどちゃんと自分の目で見た分幾らかは納得したかもしれない。

北海道公演は、はじめてモーニング娘。を見る友達を連れて行く予定で、生田さんのZDAでも質問で話題にするくらいどんな感想を抱いてくれるだろうとか、モーニング娘。好きになってくれるかなとか楽しみしかなくて、先ず最初に思ったのが、その子に申し訳ないと言うことでした。
自然相手って本当に敵わないなぁ。
合流して、ひとしきり謝ったあとに見た友達は残念そうにしながらも、唯一、救いだったのは次は行きたいと今度こそ観たいと思ってくれたことです。
ほんまに、春にリベンジしよーね!

11日
またも雪で、JRに大幅な遅れ一部運休が出ていたけれど、初日もだったしなんとなく空港に向かえるなら大丈夫だろうと思っていました。
しかし、現実は甘かった。
搭乗手続きは出来たけれど、程なくして欠航のアナウンスが出ました。
振替は全て明日以降の文字に先ず考えたのは陸路です。
しかし、函館まですら電車が止まっている状況でした。早めに翌日の朝一便を予約して、それが飛ぶことを祈り覚悟を決めました。決めるまでが少し時間がかかったものの、普段会社で鍛えられた精神がはじめて役立った気がします。
普段、何もなければたぶん、空港に留まらないでどうにかこうにか外に出た気がします。でもそうしなかったのは翌日が武道館だったから。
情報がとにかく欲しかった。
自分のあとの便で帰る予定のフォロワーさんも居たし、知り得た情報は流そうと思いました。
しかし、やはりこの日もまた自然の脅威には勝てなかった。見守っていたフォロワーさんの便も欠航となり、夜に合流すると「絶対武道館に行こうな!」がスローガンになりました。
この日の夜から翌日武道館到達までの時間は本当に忘れられない。

不安と希望が入り混じるごちゃごちゃした感情を味わっての空港泊となったのです。

12日 武道館当日
朝6時に新千歳空港のシャッターが開きました。昨日から引き続き空港泊の人数が増えたみたいで、毛布と寝袋の配給と、1階2階4階の24時間利用開放で人がごった返す中先ず真っ先に電光掲示板を見ました。
私の振替便は遅れが出ているものの、機材はこちらに向かっているとのことだったので、祈る気持ちが強まりました。
武道館は自枠アリーナだったのでどうしても行きたい気持ちが強くて、雪よりも風を心配していました。
11日の欠航時は雪もありましたが、何よりも風速が下がらず除雪や離着陸が、出来ない状態だったのです。幸いにも、風は凪いでいて1メートル以下だったので、そのままもってととにかく祈るしかなかった。
その祈りが通じたと信じられたのは機内に着席出来たとき。
そこまで行くのにもだいぶやきもきする部分があったのですが、なんとかくぐり抜けられました。
機体が動いたときは安堵から少し長い息をつきました。そこで漸くお腹空いたなと考えられるようになったんです。
すっごい気を張っていたんだなと思います。
11日からのTwitterはだいぶ心の支えでした。ハッシュタグの「絶対武道館で会おうな!」の言葉の力はすごい。
心配してくれたフォロワーさんもいっぱいいて、武道館で会ったときは生死を分かちあったような一体感もあって、なんか変にテンションヤバかったです。はい。
到達出来た武道館で見たライブは絶対に忘れられない。


17日 その後。
17日は盛りだくさん会でした。北海道の振替公演が決まって、ある意味北海道は禁句なのかな?と思ったけれど、サイン会のときに北海道の話がついポロっと出ました。
「北海道、振替決まったね。」
「うん!」
なんか、その一言で充分だなと思いました。力強くてそのときの目はキラキラしていた。
出来なかったことを悔やむよりも、前に進んでいくアイドルだから好きになったことを思い出しました。
ポロっと出てしまったことだけれど、聞いてよかったと思える盛りだくさん会になりました。


以上、とりとめのない雑記でした。

オリコン1位おめでとう〜。

オリコン1位獲得おめでとう。
日付が変わる前にそれだけは更新したかったのでなんとか間に合ったかな。
泡沫のときは、ファンに戻りたてで、全開に推しては出来ていなかったけれど、今回はきちんと応援出来た気がします。
また、応援させてね。

ほんま、大好き。

ラクーア リリースイベント

11月24日 ラクーアリリースイベント(ミニライブ有)
18時半開演に行って来ました。

天気は雪が溶けて晴れましたがむちゃくちゃ寒かった。
優先エリアと握手券は買えなかった(ぎりぎり過ぎて)ので、無銭エリアの二階から鑑賞。視界は木に阻まれていたけれど、隙間からメンバーをしっかり見れたし、幸せでした。
これで、元気をまた貰えたので一日一日を大切にしていきたいです。

ミニライブのセトリは

1.ムキダシで向き合って
2.そうじゃない
3.君の代わりはいやしない
4.泡沫サタデーナイト
5.セクシーキャットの演説

でした。
ぎりぎり到着だったのでリハは見れなかったんですけど、ライブとトークはしっかり見れたので初めて生で聞いたムキダシで向き合ってはダンスがむちゃくちゃかっこいいなと見惚れました。
わたし静岡でこれを見れるんだと思うと今から心臓が痛いです。

そういえば、遠くてあまり聞き取れないことが多かったんですが、いちばん今日のトークで印象的だったのが、ここです。ムキダシで向き合っての後に山手線ゲームをやっていて、最後のお題が「譜久村さんのいいところ(ざっくばらん)」だったんですが、そのお題を聞いて譜久村さんに向かって言った生田さんの言葉です。
↓↓↓

リリイベは今回は本当に行けないかなと思っていたので、行けて本当に良かった。
スケジュールとかの兼ね合いもあるだろうけれど、冬場で屋外はメンバーの体調面が心配過ぎるので避けてほしいなと言うのが本音です。
でも、雪の中でもオタクは並んじゃうんですよね。たぶん、私も。
今回GOサインが出たのは雪の中でも並んでしまったからと言うのもあるのかなと考えちゃいました。はい。

個握・2ショットチェキ備忘録

11月19日は渋谷ベルサールで個握(生田さんオンリー)・2ショットチェキ(やっぱり生田さんオンリー)でした。
個握は参加するのが2回目でしたが、なんかもうすでに慣れた感を出して臨みました。
前CD時の最終追加の個握・2ショットチェキとリリイベ(千里中央)とシリイベ(六本木・名古屋)でだいぶ緊張が取れたのもあるかなと思います。
あとどうしても伝えたいことがあるので、今回はそれを聞かなかったですけど、「会話が成り立つ」を目標に臨んだので充足感があります。
はー、幸せな土曜日だった。

個握レポはこんな感じです。
↓↓↓

次は、12月17日に個握・サイン・2ショットチェキ行って来ます!
ということで、あとはお写真。
ぶれないおさるさんポーズです。


セクキャかなと思っていたので、黒系の服で行ったの功を奏した感じです。
やっぱりセクシーだし、可愛いくてもうじーっと見つめちゃいました。